lady

目の下のたるみ取りをして美肌を手に入れよう|早めのケアが重要

確実に若さを取り戻す方法

eye

傷口は目立ちません

目の下のたるみはほうれい線とともに見た目で年齢を感じさせてしまう場所です。クリームを塗ったり、サプリメントを飲んだりすると、ある程度の効果はあるかもしれませんが、もっとも効果が大きく昔の自分を取り戻せる方法はたるみ取りの美容整形手術を受けることです。たるみ取りは手術といっても、施術時間は1時間程度で終わり、ダウンタイムも1週間程度です。その日のうち、長くても1泊の入院で自宅に帰れる短時間で安全性の高い手術です。顔をメスで切られてしまうと傷が目立ってしまうと心配するかもしれませんが、目の下の部分を切るため、ほとんど傷跡は目立つことはありません。まぶたの裏からアプローチする手術方法もあり、その場合は全く傷跡は見えません。

たるみが起こる原因

そもそも目の下のたるみは年齢とともにコラーゲンやヒアルロン酸の量が減り、肌のハリがなくなってしまいます。ハリがなくなった上に目の周りの筋肉が衰えることによって、目の下に皮膚がたれてしまうことによって起こります。また目の周りの筋肉が支えていた眼窩脂肪が支えがなくなることによって目の下に飛び出してしまいます。目の下のたるみはこれら2つの原因で起きています。前者の原因は、サプリメントやクリームを使うことによって、コラーゲンやヒアルロン酸を補うことである程度は解消することができますが、後者の原因はたるみ取り手術を受けなければ解消することはできません。たるみ取り手術によって皮膚を引き上げて、たれてしまった脂肪を移動することによって昔の若い顔を取り戻すことができます。

セルフケアと美容整形

目を閉じる女の人

軽い目の下のたるみであればセルフケアで予防や改善ができますが、ひどくなってしまうと自分で治すのは難しくなります。美容異形でたるみ取りの手術をすれば、眼窩脂肪や眼輪筋を切除して目元のリフトアップができます。

読んでみよう

たるみを取っただけでは

鏡を見る人

目の下のたるみ取りをすると、見た目年齢がずいぶんと若返ります。美容外科で行う手術では、切開の必要がありません。脂肪を抜き取るだけなので、腫れも少なく手軽にできます。更に、ヒアルロン酸などの注入をプラスすることで、より若々しい目元作りができます。

読んでみよう

成長因子の注入

医者

細胞分裂のペースダウンにより、新しい肌細胞が作られなくなることで、目の下はたるんでいきます。そのため目の下のたるみ取りは、成長因子の注入により細胞分裂を促進するという方法でおこなわれています。患者の血液から抽出した成長因子を、約1万倍に培養してから注入するので、効果も安全性も高いと言えます。

読んでみよう